1.問診

まず、はじめに痛みの原因など問診表に気になる症状を記入していただきます。R0012190.JPG

痛みが出る動作などを詳しく伺います。  

※スカートの方以外は衣服の着脱は特に必要ありません。着替えも男女共に用意してありますが、ジャージなどの着替えをお持ちくださると助かります。

2.検査

R0012194.JPG

視診で前後、左右の傾き、体のねじれなどの重心のバランス、歪みのチェックをします。

触診で背骨の歪み、関節の可動域、筋肉の硬さなどを調べます 。

3.施術

R0012216.JPG

まず、「仙骨」を正常なバランスに調整します。

その後、腰、肩などを揺らしたり、筋膜を剥がしたり、頭部、頚、肩、腕、腰背部、股関節など部位別の操法を行います。

症状の原因が内臓にあると思われた時は、自律神経の調整(脊髄神経反射法)及び内臓調整法を行います。

 

また、脳脊髄液の流れが悪いと感じられた時は、頭蓋骨の調整を行います。

当院の施術は、基本的に必要のない強い痛みを伴う施術はいたしませんが、施術中、声をおかけして痛みの確認をしながら進めてR0012236.JPGいきますのでご安心ください。

施術が終わったら、施術前と施術後の呼吸の深さを比べてみてください。

おそらく、呼吸が深く楽になっているでしょう。

 

4.あなたの体の状態を説明します。

日常生活における注意点や今後の施術方針もお話していきます。

<姿勢の改善の例>

 施術前

R0012199.jpg  

 施術後

R0012209.jpg